体重を増やす方法|女性におすすめの食事内容を伝授!

MENU

体重を増やす方法ってあるの?

体重を増やす方法はいくつか考えられます。
一つ目は食事で、もう一つは運動です。
健康的に増加させることを考えるとどちらか一方に頼るのではなく、両方をバランスよく組み込むことが大切です。
食事は効果が速いのが利点ですが、食べ過ぎは健康を害する可能性があり、栄養バランスを考える必要があります。

 

糖質や脂質といったカロリーの大きい食事は体の脂肪を増やして体重を増加させますが、脂肪は筋肉と比べると軽く、同じ体積でも重量面では筋肉を増加させた方が有利です。
筋肉を増やすためには鶏胸肉や赤身肉等のタンパク質が多い食事が欠かせませんが、タンパク質を食べればそれがそのまま筋肉になるというわけではなく、体内で一度分解してアミノ酸系等の原料にし、再度合成して筋肉となります。
再合成する能力は不健康であると低下するため、まずは健康であることが前提です。

 

もう一つ体重を増やす方法の運動は、ダイエット・体重を減らすために行っている方も多いですが、重量の多い筋肉を増やすためにも重要です。
筋肉を増加する方法としては筋トレが一番ですが、負荷の高いものを行う必要はありません。
簡単で軽いものを長く続けることで全体量を底上げし、重量を程よくアップします。
また、高タンパクの食事と筋トレを組み合わせることで効率を上げることが可能です。

 

 

女性が体重を増やすにはどうするのが良いの?

女性が体重を増やすことは生物学的に難しいことではありません。
ただ、体質的に太れないというタイプもいることは間違いありません。
適正体重を下回っていなければ、無理に体重を増やすことはありませんが、女性らしいボディラインのポイントとなるのが脂肪なので、痩せすぎでは魅力的とは言えません。

 

女性が体重を増やすときには、生活習慣や食生活を見直すところから始めるとよいでしょう。
睡眠不足やストレス、過労などでも食欲が落ちたり、消化吸収能力が落ちてしまいます。
食べているのに太れない場合や、食べられないので太れないという場合は特に注意して日頃の習慣を見直してみましょう。
食べれない場合は急に食べようとしても無理なので、中でも運動の習慣がないという人にはエクササイズやスポーツがおすすめです。

 

消費カロリーをあげることで、体に栄養を取り込むことを促す作用が期待できます。
運動の後、お腹がすくのは体がエネルギーを欲しているからです。
その時に栄養の偏りがあるとよくありませんので、体を作るたんぱく質、エネルギーの源である炭水化物、そして上質の脂質をバランスよくとるようにしましょう。
ナッツやアボカドなど、高脂質でもミネラルやビタミンが豊富なおやつをとるのも効果が期待できます。

 

 

体重を増やす食事ってあるの?

体重を増やすための食事とは、脂肪を増やすのではなく筋肉を増やすということに重点を考えておくと良いでしょう。
血液や筋肉になる食品は主に魚・肉類です。

 

こうした動物性食品は筋肉を作るためには欠かせない栄養素です。
体重を増やしたいという人はなりふり構わずとにかく食べて太ろうとします。
どんなに食べても太ることができないという人はそういった体質なので、食欲に任せて食べれば体重を増やすことができるというわけではありません。
健康的に体重を増やす方法としてもっとも良いのが筋肉をつけるということに着目することです。
体重が増えない人の傾向として食事バランスが極端に偏っているという傾向があります。

 

野菜しか食べない、肉しか食べないなどバランスがとれていないことからうまく栄養素を吸収することができず、摂取してもすぐ排泄に回ってしまうという状態です。
どんなに食べても太らないというのは羨ましいように聞こえますが、これは栄養を吸収できない体になってしまっているという風にも捉えられるため栄養失調などの健康を害してしまう恐れもあります。
まずは食事内容を見直してみることが大切です。
バランスよく食べるというのが最も大切ですが、筋肉をつくることを考えると少し魚・肉類を積極的に摂取するよう心がけると良いでしょう。

 

 

筋肉をつけるのは効果的なの?

体重を増やしたいなら、筋肉をつけるのがおすすめです。
確かに体重を増やすだけだったら、ごはんをたくさん食べれば増えます。
ですが、体を引き締めながら、体重を増やすのであれば、筋トレをするのが良いでしょう。
しかし、どうすれば筋肉をつけて体重を増やすことが出来るのでしょうか?ポイントは三つあるので、参考にしてみると良いでしょう。

 

1.必要な強度の筋トレ
2.筋肉の合成・回復に必要な栄養素の補給
3.筋繊維を合成・回復させるための超回復期間
まず、一つ目ですが、そもそも筋トレで筋肉が増えるのは、意図的に筋繊維を壊すことで、それが回復して大きくなるからです。
つまり、筋繊維を壊す強度の負荷をかけないと、筋量は増えません。
二つ目ですが、筋繊維を回復させるためには必要な栄養素を取る必要があります。
たとえば、プロテイン、糖質、ビタミンB群、ミネラルです。
ただ、糖質を取りすぎると脂肪が蓄積するので注意しましょう。
三つめは超回復になります。
1でも触れたように、筋繊維は回復することで、さらに大きくなっていきます。
そのため、2~3日の間を開けて筋トレをするようにすると良いでしょう。
このように、筋肉で体重を増やすには上記の3つが重要になります。
この3つのポイントに注意して、筋トレをしてみるといいでしょう。

 

 

関係があるウェブサイトの紹介

体重を増やす方法にも色々あるんですね。
太りたいと思っているなら、ここで紹介するウェブサイトも参考になるかと思います。
太りたい人向けのコンテンツがまとめられているので、見てみてくださいね。